« 見どころいっぱいの松山市☆市内中心部の山中にそびえる松山城は、ロープウエイに乗って見学しました。 | トップページ | プレゼントを用意してきてよかったです。幻の手織り三河木綿「刺子」製のお洒落なOTOME FUO(おとめ ふう)ポーチM  »

はじめて高速バス停から高速バスに乗りました。黒潮エクスプレス | 四国高速バス

皆様、こんにちは。
飛行機で松山に行ったのですが・・・
高速バスにも乗りました。

四国はJRの接続が悪く、時間がかかるのです。
観音寺駅からお隣の豊浜に1時間に1本しか電車がありません。

豊浜のお取引先まで送っていただいたタクシーの運転手さんのお勧めで、高速バスに乗ることにしました。

東京支社は度々お伺いしていますが、ご本社は初訪問です。
社長様はじめ開発の皆様と充実した時間を共有でき幸せでした。
 

 
帰りはG部長様とA相談役様が送ってくださることになりました。

 

Dscf0919_r


へんぴな所にある観音寺の高速バス停付近で乗車時刻を待つのも不安です。タクシーの運転手さんが教えてくれた近くの喫茶店に着き、バス停までの距離を聞いてくださり、確認のためバス停入り口まで送っていただきました。
見渡すと100m位のところにうどん屋さんの看板が・・・。

 

Dscf0922_r



「美味しくて有名なお店なので、うどんを食べながら待ちなさい。」
A様のお勧めで、大喜多うどん店前で降ろしていただきます。

「予定があるので、ご一緒できなくてごめんなさい。」との部長様の笑顔に心がほっこりしました。

小さなお店ですが、お母さんのような女生と若い店員さん4~5人が明るく出迎えてくれました。
お勧めの「てんちゅう 370円」は、天ぷらうどんの中盛りらしい。

腰のあるうどんが評判に違わぬ美味しさです。
奥の座敷に目をやると、お父さんらしき男性が、うどんらしきものを包んだ布を足踏みして捏ねていました。

写真を撮りたかったのですが、混雑した店内でグズグズしては迷惑になるので断念しました。
 

http://tabelog.com/kagawa/A3703/A370301/37000603/

 

Dscf0925_r

 

12時過ぎには、ゆっくりバス停入り口に向かい、

 

Dscf0927_r



高速道路の外壁の階段を登り扉を明けると・・・


 

Dscf0933_r



風防ガラスで囲まれた高速バス停の待合所がありました。

中に入り、乗車時刻を確認すると20分前でした。
時刻表の時間前に発車することは、絶対無いと聞いていましたがちょっと不安です。
10分前には待合所の外に出て、目立つように立っていました。

意外と温かい日でしたが、風がものすごくて震えました。
行き交うのはトラックばかりで、乗用車は少ないです。

5分前、ジャスト12時36分、目を凝らしてバスの姿を追い求めるのですが・・・40分を過ぎても来ません。

電話で予約したのが、伝わっていたかしら・・・もしバスが来なかったら・・・ヒッチハイクもできないし・・・やっぱり電車の方が確実だったかなぁ・・・

軽い後悔を感じていましたら・・・

来ました!!

きれいなバスです。
電話で予約した通り、前から4番目のD席窓側です。

席に座って落ち着いてバスの時計を見たら12時45分でした。
私の時計が5分進んでいてバスが2~3分遅れたようでした。

 

 

Dscf0942_r

 

大きな窓からの景色を楽しみながらうとうと・・・



 

Dscf0936_r


はっと目覚めると外は雪国でした。

四国というと瀬戸内海が思い浮かぶのですが、
ほとんど海を見ていません。
松山でも遠くに雪山が見えたのです。
四国は実は山が多いのだと気がつきました。

快適なバス旅もあっと言う間に終わり、終点のはりまや橋バス停に着きました。ちょっとドキドキしましたが、特急電車の運賃の半分以下だったのもよかったです。


 

Dscf0952_r



ビジネス旅ですので、龍馬の足跡を訪ねることもできません。
ちらっとでもはりまや橋を見られて嬉しかったです。

 

黒潮エクスプレス | 四国高速バス.


 

楽しい日々をお過ごしくださいね~♪
 

 

 

ゆりこ

|

« 見どころいっぱいの松山市☆市内中心部の山中にそびえる松山城は、ロープウエイに乗って見学しました。 | トップページ | プレゼントを用意してきてよかったです。幻の手織り三河木綿「刺子」製のお洒落なOTOME FUO(おとめ ふう)ポーチM  »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はじめて高速バス停から高速バスに乗りました。黒潮エクスプレス | 四国高速バス:

« 見どころいっぱいの松山市☆市内中心部の山中にそびえる松山城は、ロープウエイに乗って見学しました。 | トップページ | プレゼントを用意してきてよかったです。幻の手織り三河木綿「刺子」製のお洒落なOTOME FUO(おとめ ふう)ポーチM  »