« 新年のごあいさつ | トップページ | 肝臓の疲れに最適の新商品♪ »

三浦半島の旅その①城ヶ島

皆様、おはようございます。

皆様は冬休み、お正月をどのように過ごされたでしょうか?

私は29日~30日に友人と三浦半島・鎌倉旅行に出かけました。
品川駅から京浜急行で約1時間半、終点の三崎口駅で京急バスに
乗り換え、更に30分で城ヶ島に着きました。

幼いころより家族や友人と何度も何十回も遊びに来た城ヶ島ですが、
実に40年振りでした。
 

P10808021  

 

おかみさんの呼び込みに誘われ、バス停近くの梶ノ亭で美味しいイカ
刺しの昼食後、いただいた地図を頼りに先ずは灯台に向かいます。
荷物を預かってくださったので大助かりです。


土産物屋が並ぶ道を進むと、サザエの壺焼きが2ヶ1,050円のところ
を525円!!なんと半額です。

 

Dscf838820 

 

迷わず入店、とても美味しかったです~♪
一皿でも良かったのですが、あまりの安さにお店の方に気の毒
で、一人2ヶずつ食べて、久しぶりのサザエを堪能しました。

ほどなく灯台登り口があり、わずか数分で城ヶ島灯台に
到達しました。

 

Cimg3012202

 

真っ青な空に白亜の灯台が映えて美しいです。
無人灯台なのか鍵が掛かっていて登ることはできませんでしたが、
記念写真を撮り満足しました。

灯台を通り越し、京急城ヶ島ホテルの駐車場から海岸に出られ
ました。ゴツゴツして歩きにくい岩の海岸です。
 

食堂で教えていただいた「遊び船」らしきものが見当たりません。
海岸線を回り込むと、ありました!

 

Dscf842720

 

漁師さんらしい年配の男性から、海鵜の棲息地までの往復
30分コースと城ヶ島一周コース40分の説明を受けました。
もちろん島一周コースです。

ライフジャケットを着用し、別の漁師さんの小舟で漕ぎだすと
いきなり凄い揺れです。
 

Dscf839320

  

そういえば遊覧船には、たびたび乗っているのですが、
釣り船は未体験でした。
波に逆らって外洋に出たせいなのでしょう。

Dscf840120

 

時計回りに三崎港との間を進むと波も穏やかになって
一安心です。

 

Dscf840720_2

 

城ヶ島大橋の下をくぐり安房崎灯台を周り
気持ちの良いリズムで進みます。

 

Dscf841420

 

無口で優しそうな船長さんが、島の景勝を説明してくれました。

 

Dscf841820  

 

海鵜の大棲息地です。
北海道から越冬しに渡ってきているのだそうです。

 

Cimg303020  

 

Dscf842020

 

Dscf841920

 

更に行くと馬の背洞門の景勝が楽しめます。

少しも寒くなくて、快適な40分間の遊覧でした。
二人で3,000円はとてもリーズナブルです。
あまり乗る人がいないようなのが残念に思いました。
 

http://www.miura-info.ne.jp/el/leisure/boat_02.html
遊び船の詳細はこちら 

 

三浦市観光案内 おすすめスポット 三浦散策コース 城ヶ島散策.

 

食堂に戻り、荷物を受け取りお茶をいただきました。
再びバスに乗り、久里浜でJRに乗り換え、鎌倉に到着した頃には、
すっかり日が暮れていました。

でも大丈夫、今日の宿は鎌倉駅そばのホテル鎌倉moriなのでした。



つづく・・・         

 

   

ゆりこ

|

« 新年のごあいさつ | トップページ | 肝臓の疲れに最適の新商品♪ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三浦半島の旅その①城ヶ島:

« 新年のごあいさつ | トップページ | 肝臓の疲れに最適の新商品♪ »