« びわジャム | トップページ | ラグーナ蒲郡&形原 »

豊橋と札幌の意外なつながり

皆様、おはようございます。
先日はひどい雨で、九州の方では大変なことになっていましたが
みなさんの地方は大丈夫でしたでしょうか?

今日は打って変わって、暑いです…
こんな時はかき氷でもたべたいなぁなんて思いますよね。
食べたことないですけど、鹿児島名物の「氷白熊」とか
食べてみたいです。

と、白熊と書いて思い出したのですが、いま、毎週木曜日に
しろくまカフェというゆる~いアニメに癒されています。
人間界でカフェを営むシロクマ君と動物園で週2回非常勤の
バイトをしているパンダ君、パン屋につとめるペン子さんに
思いを寄せる皇帝ペンギンのペンギンさんの3匹が、
なんともゆる~い雰囲気を醸し出しているアニメです。

さて、このしろくまとペンギンという取り合わせ
アニメに限らず、いろいろなイラストなどで見かけますが
実は自然界ではあり得ない取り合わせだと気付いていましたか?

たべられる側とたべる側!と思った方!





不正解です♪

白熊はホッキョクグマなので、北極圏に生息していますし
皇帝ペンギンは南極に暮らしています。ですから、あんなに絵になるのに自然界ではありえない取り合わせなんです。

さて、話が大回りしてしまいましたが
今日のお話は「豊橋と札幌の意外なつながり!第2弾」です。

北海道で動物園といえば、日本で一番人気のある動物園
「旭山動物園」なわけですが、札幌にも「円山動物園」という動物園
があります。中心街から地下鉄で気軽に行ける動物園として市民に親しまれていますが、最近は「ホッキョクグマが見られる動物園」ということで観光の方もたくさん訪れています。

さて、このホッキョクグマ。
実は今、ホッキョクグマ繁殖プロジェクトと称する8つの動物園の
共同プロジェクトで繁殖のための個体の移動が頻繁に行われているのです。

赤ちゃんがいると繁殖しづらかったり、
繁殖のためのスペースが確保できなかったり
オスとメスがなかなかうまくいかなかったり 
という問題を8つの動物園で個体の移動を行うことで
解消しているようです。

その一環として、去年豊橋総合動植物公園「通称:のんほいパーク」
のメスのホッキョクグマのキャンディちゃんが、
札幌の円山動物園のデナリ君とのお見合いするために
移住しています。去年はうまくいかなかったのですが、
今年の冬には赤ちゃんシロクマの誕生が期待されているんですよ!

キャンディちゃんに赤ちゃんシロクマが生まれたら
可愛い盛りはどこで過ごすことになるのでしょうね?
やっぱり子供のころは生まれた動物園で過ごすのでしょうか?

ああ、赤ちゃんシロクマが見たいです。

そんなわけですが、見られないので、
とりあえずかき氷のしろくま風でもたべたいところですが
ペンギンさんのアイスでも作ろうかしら?


ペンギン

アイスメーカー ペンギン

: インテリアのOtomeショップ - 店長の部屋Plus+.  

 

しょうこ

|

« びわジャム | トップページ | ラグーナ蒲郡&形原 »

旅行・地域」カテゴリの記事

動物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豊橋と札幌の意外なつながり:

« びわジャム | トップページ | ラグーナ蒲郡&形原 »