« 名古屋三昧 | トップページ | 南想会・戦没者慰霊祭 »

三河伝統 手筒花火発祥之地

皆様、おはようございます。
夏休み、最初の休日いかがでしたか?
ちょっと雨も降りましたが涼しくて良かったですね~♪

豊橋祇園祭の花火もきれいだったみたいです。
でも、なんて言っても気になるのは手筒花火ですね。
豊橋一年生のしょうこさんのレポートをお届けします。
よかったらご覧くださいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日が終業式で、今日から夏休みって
お子さんも多いのではないかと思うのですが
昨日から豊橋では「祇園祭」が行われています♪

豊橋祇園祭は毎年7月の中旬に行われて
 一日目は手筒花火
 二日目は打ち上げ花火
 三日目は、頼朝行列

というスケジュールで行われているようなので
一日目の昨日は手筒花火が行われたはずなのですが、あいにくの
雨だったので無事に行われたかどうかわからないのですが・・・

今朝は今日の花火に向けて、朝から「お祭りするよー」
という合図の花火がたくさん鳴っていました♪

さて・・・
手筒花火ってみなさんご存じですか?

 

手筒花火

 

って、もう!またヨシダ君邪魔!

 

手筒花火

 

豊橋駅構内の本物のヨシダ君・・・
TOYOCKYが持っているのが手筒花火なのですが

 

手筒花火

 

こっちが、本物ですね。

この手筒花火。
豊橋が発祥ということでなんと1560年とか1588年とか
とっても古くから行われているようです。

豊橋では祇園祭以外でも、たくさんのお祭りで
この手筒花火が行われているので、ヨシダも去年初めて、
羽田八幡宮の「羽田祭」で実際にみたのですが
巨大な吹き上げ式の花火をスタントマンでもなんでもない

普通の豊橋の人たちが手に持って上げているのです!!
もう実際を見るとビックリしますよ。

轟音と共にオレンジ色の火柱が上がり、仁王立ちになって
花火を持って、最後にはドーンという大きな音が鳴って
手筒の底が破裂する爆発が起きる!これがまたビックリします。

一般の豊橋の人たちが上げているので、お家の前やお店の中
なんかに、この手筒花火が置かれているのが
豊橋ではよくある風景のようです。

最初の竹を切るところから最後の火薬を詰めるところまで、
ぜーんぶ上げる本人自身の手で行われるようで
危険とわかっていても、思い入れもたっぷり。
それは飾りたくなりますよね♪

ヨシダ君用に、手筒花火が欲しくなってきました・・・

が、今日は打ち上げ花火♪

会場までいくとすごい人出で身動きとれないと聞いたので
ヨシダ君と一緒におうちから鑑賞したいと思います。

 

さて、そんなヨシダ君も絶賛の「ノンスリップシート」ですが
試験的に【メール便で送料無料】を開始しました♪

諸事情ですごく楽天市場的なページになっておりますが
ご覧いただけるとうれしいです♪

ノンスリップシート

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

手筒花火ってすごいですね~♪
見てみたいな~って思われた方は、9月に「炎の祭典」というのががありますので、ぜひお出掛けくださいませ。
それでは、今週も元気でお過ごしくださいませ。 

ゆりこ

|

« 名古屋三昧 | トップページ | 南想会・戦没者慰霊祭 »

イベント」カテゴリの記事

東三河周辺」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三河伝統 手筒花火発祥之地:

« 名古屋三昧 | トップページ | 南想会・戦没者慰霊祭 »