« 日本の誇り「帆前掛け」展 | トップページ | ニューフェイス »

「帆前掛け」世界に羽ばたく

皆様、こんにちは!
金星の太陽通過が気になる水曜日です。ご覧になれましたか?
私はかろうじて、点のような金星を10時の方向に確認しました。

 

昨日、銀座三越での「帆前掛け展」のご案内をさせていただきましたが、皆様は、”帆前掛け”をご存じですか? 

酒屋さんでキリリと締めた紺色の丈夫な綿の前掛け!
ジーンズやデニム生地ではありません。 

昔ながらのシャトル織り機で、帆前掛け用に織られた丈夫でしなやかな日本の帆布です。 

  

20090928p1020079hagashatoru
芳賀織布工場さんの昔ながらのシャトル織機 

OTOMEバッグに使われているリサイクル帆布「由布(ゆう)」もこの織機で織られています。

 

帆前掛けのほとんどが、豊橋で作られていたってご存じでしたか?
日之出は、芳賀織布工場さんと50年以上のお付き合いですが、実は帆前掛けのことはあまり知らなかったのです。

地元民が知らないくらいですから、世の中から忘れかけられて風前の灯火でした。           

芳賀社長自身、先代から受け継いだ時すでに、自分の代で終わりと決め、息子さんたちは安定した大企業に就職したのです。 その一方芳賀さんは伝統職人ながら、大変視野の広い方で、民芸品や手芸品の新分野に進出し、良い素材を求めて東南アジアやアフリカまで出かけていくチャレンジマンでもありました。

 

十数年前のある日そんな芳賀織布工場に、東京の若者が訪ねてきました。東京小金井の㈲エニシングの西村社長との帆前掛け再発見の物語の始まりです。 

 

09090615  
㈲エニシングさんのHPより転載 

 

帆前掛けの伝統を守りつつ、新しい試みにチャレンジし続け、とうとう世界に羽ばたいていったのです。 

 

0909top_2
㈲エニシングさんのHPより転載 

 

芳賀さんが西村さんや蒼風さんとニューヨークで展覧会を開催したときの様子を書いたブログです。ご覧いただければ嬉しいです。 

 

: ゆりこの七転び八起き日記|芳賀さん、前掛けと共にニューヨークへ!. 

 

 

090906122  
㈲エニシングさんのHPより転載

 

日本の伝統の技の価値を若者が見いだし、再生、発展させ、職人を励ましている・・・素晴らしいと思います。 

どうぞ皆様も応援してあげてくださいね~♪

 

ゆりこ

|

« 日本の誇り「帆前掛け」展 | トップページ | ニューフェイス »

OTOMEバッグ」カテゴリの記事

伝統」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「帆前掛け」世界に羽ばたく:

« 日本の誇り「帆前掛け」展 | トップページ | ニューフェイス »